総量規制対象外の消費者金融があるってホント?

消費者金融系カードローンは、基本的にすべて総量規制の対象です。総量規制対象外となるカードローンは、銀行のカードローンや目的ローンなどで、貸金業法に関係しないローンだけが総量規制対象外になります。つまり、消費者金融系カードローンには総量規制対象外のものはないということです。

しかし、総量規制には一定の条件においては規制が緩和されるような仕組みがあります。本来であれば、総量規制の対象となる消費者金融系カードローンであっても、契約の内容が「一方的に利用者にとってメリットのある内容」になっている場合に限っては、限定的に総量規制対象外と同じ基準で融資を受けることができます。

分かりやすく言うと、「多重債務状態の人が消費者金融系カードローンを利用しておまとめすることによって、返済の負担を軽減できる場合」は、本来の制限を超えた金額の借入れができるようになるということです。その場合、希望者の返済能力を基準にした上限金額が設定されるという訳ではなく、抱えている債務を一本化するためだけの上限が設定されることになります。

つまり、消費者金融系カードローンが設定した上限金額を使って他のすべてを完済し、残りを自社一本のみにすることが条件になります。完済したことを証明することが必須となることも珍しくないので、「建前としておまとめを掲げて高額な借り入れをすることはできない」ので注意しましょう。この辺の確認は非常に慎重に行われるので、あくまでも「返済を楽にしたいとき」にのみ利用する方法です。
総量規制対象外カードローンでお金を借りたい!ランキングTOP3はこちら

Comments are closed